2020-04-01

持続化補助金、IT導入補助金などをご活用下さい!

久々の更新となってしまいました。日下です。
今年はブロガーになるぐらいのつもりで更新しまくろうと思っていたのですが、気がつけばもう4月に入ってしまいました。
コロナの影響でビジネスにもかなり影響してきました。
工場、イベント関連や飲食店業、テレワークを強いられるのならまだ良いのですが、テレワークが出来ないご商売の方々も多くいらっしゃると思います。
不透明な世の中になってきましたが、先を見据えることも大事ですよね。

提案ではございますが、いくつかの補助金の有効利用をお勧めします。

・持続化補助金

自社を宣伝PRしたい!もっと効果的にHPを使いたい!ブランド力を向上させたい!
そのように思われる方々のための補助金が持続化補助金となります。

<補助額>
~50万円
※共同申請可(補助上限額×事業者数)、上限500万円(50万円×10者)
<補助率>
2/3
<補助対象>
店舗の改装、ホームページの作成・改良、
チラシ・カタログの作成、広告掲載など

※事業計画期間において、「給与支給総額が年率平均1.5%以上向上」、
「事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上」を満たすこと等を
加点要件とします。
※上記の他、新型コロナウイルス感染症による経営上の影響を受けながらも
販路開拓等に取り組む事業者に対して、加点措置を講じます。

コロナで打撃を受けていらっしゃるところでは加点の措置が付きますから、これを機に補助金でいろいろPRをやってみると言う方々も増えています!

・IT導入補助金

経営状況を「見える化」したい! 業務を自動化したい! 働き方を改革したい!
バックオフィス業務の効率化や新たな顧客獲得など付加価値向上に繋がるITツールの導入を支援する補助金です。

A類型30万~150万円未満
B類型150万~450万円
補助率 1/2
補助対象経費 ソフトウェア、クラウド利用費、専門家経費等

※事業計画期間において、「給与支給総額が年率平均1.5%以上向上」、
「事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上」を満たすこと等を
申請要件(一部事業者は加点要件)とします。
※新型コロナウイルス感染症による影響を受け、事業継続力強化に資する
テレワークツールの導入に取り組む事業者に対して、加点措置を講じます。

弊社ではクラウドを使った業務効率化システムをご提供しております。ある程度カスタマイズが自由に出来るので、御社にあったITツールの導入が可能となります。これを機に生産性の管理から、営業支援、人材のためのネットワーク構築などを考えられてはいかがでしょうか?

弊社では補助金を使って頂いた実績もございます。
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

補助金の詳しくは中小機構の頁をご覧頂きたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です